Dear Bobo♡♡(天使になったボボからのメッセージ)

9:34 PM

 お久しぶりです(^^)
体調が悪くなって更新をサボって
しまいました( ; ; )2月14日の昨日は

バレンタインデーでしたね(^^)
アメリカではご存知女性よりも男性が
チョコや贈り物をする習慣が強いですが

私は未だにバレンタインデーは
何か贈り物したいなという気持ちになります

スターバックスのスリーブも
バレンタイン仕様になっていました



このままずっとピンクのスリーブが
いいなぁなんて思いました(^^)

体調が悪くなる前にを書こうと
思って少しずつ下書きにしていた記事が
ありました

フルーツが大好きな私は
毎日何かしらの果物を食べているのですが
以前紹介させていただいた
ハムスターのボボがうちに来てから


ハムスターも食べられる果物かを
調べてからフルーツを買う様に
なり٩( ᐛ )و 

ハムスター 林檎
ハムスター バナナ
ハムスター みかん
ハムスター いちご キウイ

検索履歴がこんなものばっかりに
なりました(*^▽^*)笑


ハムスターってトマト食べれる
のかなぁ?♡
※トマト与えるには注意が必要です

ハムスターは砂漠に生息するので
水分は沢山必要無いのですが



ほんの少し一緒に食べれる物
わけわけしたくなりませんか?
↑トマトはあげませんでした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


オッパはりことワインを
わけわけしようかぁ〜♬
↑あんまり飲まないくせに笑


楽しそうに鼻歌歌って選んでたから
なんだか私嬉しかった(´;ω;`)

カメラロールにはボボの写真が一杯で
ボボが来てからiPhoneのメモリーが
追いつかなくなってきました笑



保護センターから私の元に来てから
毎日お話しして
変な事をしては笑わせてくれて
悲しい事があった時にはコソッと
出て来て滑車回しては私の元に来て
何かを伝えようとしてくれるボボ
↑気がする♡笑

大丈夫だよ!って
ボボみてよ!元気だしてよ!
って♡笑

ロボロフスキーは人に懐かないから
手に乗って寝たりしないからね(^^)

と言われていたから無理に
触ったりするのはやめようと思って
いたけど、日が経つにつれて

ボボは私の手に乗って来たり

顔ムチムチってして〜!と笑
言いに来たり
↑あくまで想像です笑

朝になれば夜行性のボボも私の
足音と共に起きて
おはようりこ〜〜!
ってしてくれました笑

狭い所が大好きで

色んな場所に挟まって笑

そのくせケージもっと大きいの欲しいって
言うからもう一個ケージ繋いだら
文句を言っていました!笑


こんな梅干しが入っていた箱の
仕切りを少しあげて上からも下からも
抜けられる様にして
オッパに設置されるボボ笑
可愛い♡


大騒ぎでイチゴの匂いを探るボボ


いちご大福ボボ

冒険して

猛暑日の氷を食べてビックリして笑

おやつをあげると出て来て
扉を閉められない様に足で抑えて笑

ボボが食べるとこ見ててね〜
ってムシャムシャしていました


寝るときはとっぷりと
お団子みたいにまんまる
人間みたいにギュッと目を閉じて♡



ボボのお団子スタイル私大好きで
お団子写真だけでも物凄い数の写真
(๑>◡<๑)

真夜中に2人だけの秘密のお話して
一緒にフルーツ食べて笑

どんなに嫌な事があっても
一生懸命生きてるボボがいつも
私に元気をくれて私は沢山守られて

ボボはいつの間にか私の家族で
親友で天使で宝物になりました

そんなボボが2月14日
お空の天使になりました

お家の中でとっぷり眠る様に
お空に昇っていきました

昨日は受け入れられなくて
受け入れたくなくて息が出来なく
なるくらい泣いて

ボボは私が
ボボちゃんただいま♡って言うと
出てくるから

何回も
ボボただいま!
りこ帰ってきたよ!
ただいま!

って泣きながら出ない声振り絞って
みたけどやっぱり動かなかった

この記事を書きながらも涙が
止まらなくて(>_<)困るよボボぉ〜!

お線香たいて、ピンクの花紙で
小さいお花を作って置いた

オッパに電話したら

ボボ素敵な場所に行ったんだね♡
オッパが見てて世界で1番幸せな
ハムスターだったと思うよりこ!
りこに見られない様にお家でゆっくり
旅立ったんだね。ボボらしいね。

そんな事を聞いたらもっともっと
涙がでた

外に出ないといけなかったので
平然を装って運転しても
自然にボロボロ涙が出て来て
バレない様に何回もトイレで泣いて

夜中お家に帰ってもしかしたら
ボボが動いてるかも!

なんて思いながら学校が終わって
10時にオッパとボボの元へ

やっぱりとっぷり眠っていました
顔を見るたびに心臓が痛くて
涙がボロボロこぼれてきた

オッパが何回も私を抱きしめて

りこありがとう♡って素敵な場所に
言ったね♡

って。小さい小さいボボをフワフワの
入った入れ物に入れて
お水とお線香を持ってオッパと
ボボを埋めに行った

ボボのいないケージ
どうしたらいいかわからないな
なんて思っていたけど
頼んだわけでもなくオッパが
黙ってケージを2つ
持って行ってくれた

埋める場所にJunさんが穴を掘って
埋めてくれた。お水をまいてお線香
たいて、ありがとうって
手を合わせました

帰りの車の中やっぱりどうしても
切なくて心にポッカリ穴があいて

考えつくのは
ごめんねの言葉ばっかりで
オッパの手をギュッと握りながら

ボボごめんね。もっともっと
幸せにしてあげられたかもしれないね
ボボ幸せだったかな

と呟いたら

不思議な事が起きた。

今までずっと問題なく車に下がっていた
クマちゃんのお人形が

留め金の部分じゃない場所で


プツっと切れて落ちて来た。

オッパが
ボボ行って来ますってりこに
伝えてるよ(^^)ボボ幸せだったから
悲しい顔しないで、ありがとうって
行って来ます♡って言ってるんだよ
と私に言いました

本当にそんな気がしました


大好きなりこのボボ
へんてこな名前つけてごめんね

小さい体で計り知れないくらい
大きな愛情で私を愛して信頼して
くれたボボ

私とオッパがくるとハムスターじゃない
みたいにぴょんぴょん喜んで
くれたボボ

Junさんも私に見えない所で
泣いてたんだよボボ〜♡

私を守ってくれたボボ
何でも聞いてくれたボボ

今までずっと大好きだったボボ
お空にいっても
これからも私の心の中でずっとずっと
宝物として生き続けます

天国で美味しいもの沢山食べて
自由にかけまわってね♡
ありがとうボボ♡

でもね
本当はもうちょっと一緒にいたかった

いろんなフルーツ食べたかった

ボボの滑車の音聞いていたかった

ボボと夜更かししたかった

ボボの顔ムチムチってしたかった

ボボのお団子ポーズ見ていたかった

真夜中3時に勉強終わって
お疲れ様〜ってまっててくれるボボが
もういないんだね

本当はボボちゃん
帰って来てほしい

いつか人間に生まれ変わった時は
私に会いに来てね

ありがとうボボ。
大好きなボボ


最後まで読んで下さった方
長々とお付き合いいただき
本当にありがとうございました

Ads
Ads

>

You Might Also Like

Popular Posts

Like us on Facebook

Flickr Images

Subscribe